沖野彫刻

木彫の伝統文化を伝える

【ネット木彫教室】彫刻用平ノミの研ぎ方

nomi05_1
普通の平ノミは
平らに研ぎますが彫刻用は
先端を極浅丸のように丸く研ぎます。

角が立っていると彫るときに引っかかって
彫りにくいためこのような研ぎ方をします。

丸め加減は彫る物や好みで変わります。

nomi05_2
このような場合は、特に角が反対側に
刺さり使いにくくなりますので、丸く
研いでください。

nomi05_3
左が普通のノミです、右が彫刻鑿です。
極端に丸くしていませんが、先端が軽く
孤を描いている事がわかると思います。

これらは小道具・彫刻刀も同じです。
購入したときは、平らですがこのように研ぐと
使いやすくなります。

nomi05_4 nomi05_5
研ぎ方は難しくないので、流れだけ
説明します。

どの程度丸めるかは経験を積んで
自分の好みを見つけてください。

丸ノミのように左右に傾けながら
研ぎます

nomi05_6 nomi05_7
仕上げも同様に左右に傾けながら
研ぎます。

nomi05_8
最後に裏を研いで終わりです。

基本は平ノミの研ぎ方と同じです。