沖野彫刻

木彫の伝統文化を伝える

【ネット木彫教室】裏だしの仕方

nomi06_1
nomi06_2
平ノミ・切り出し・鉋などには裏を平らにするために
凹みが付けてあります。
鑿など使っているうちに平らな部分が減り
凹みにさしかかります。その前に裏押しを
して平らな部分を作ります。

裏が平らでないと、仕上げ研ぎをする時
刃先に砥石が当たりにくくて、結果的に
良く研げなくて、切れが悪くなります。

裏押しの時私はダイヤの砥石を
使っています。本来でしたら金盤を
使うところですが、ダイヤの砥石の
方が手軽で使いやすいです。
続きを読む→

【ネット木彫教室】彫刻用平ノミの研ぎ方

nomi05_1
普通の平ノミは
平らに研ぎますが彫刻用は
先端を極浅丸のように丸く研ぎます。

角が立っていると彫るときに引っかかって
彫りにくいためこのような研ぎ方をします。

丸め加減は彫る物や好みで変わります。

nomi05_2
このような場合は、特に角が反対側に
刺さり使いにくくなりますので、丸く
研いでください。
続きを読む→

【ネット木彫教室】細いノミの研ぎ方

基本的な研ぎ方は大きい鑿と一緒です。
違うコツだけ紹介します。

nomi02_1
細いノミは、左右の傾きを
出さないように、研ぐことが難しいです。

私も未だにうまく研げません。

左右の、角度に集中するために、
前後のストロークを3センチ以内で研いでます。
自分で平らだと思う状態で、少し長めに研ぎます。

同じ所で研いでると、砥石が減り平らに研げなくなるので、
ある程度研いだら、研ぐ場所を移動してください。
続きを読む→