沖野彫刻

木彫の伝統文化を伝える

【ネット木彫教室】丸鑿の研ぎ方

nomi03_1研ぎ始め

nomi03_2中ころ
丸鑿を研ぐ方法は
いくつかありますが
簡単な方法を紹介します。

少しずつ角度を変えながら
研いでいきます。

同じ角度で2往復くらいしたら
少し角度を変えてまた2往復
これを繰り返して丸く研いでください。

ある程度研いで行くと、溝が出来てきます
この溝を利用して研ぐと楽です。

砥石を丸鑿専用にしていろんな大きさの
溝を作ると研ぎやすいです。

まくれが出たら、仕上げをかけます。

研ぎ方は中研ぎと一緒です。

《裏の研ぎ方》

裏研ぎように、このような仕上げ砥石を
用意します。
nomi03_3
矢印の所に力を入れ刃先が丸く
ならないように、研いでください。

下の写真はオーバーですが
刃先を研がないで上のように
元に力を入れ、裏が平らに研げるように
してください。

nomi03_4 nomi03_5
鑿の丸の強さ(上は深まる)により
ある程度角度が決まりますが
左のように刃先の丸め方でも変わってきます。

nomi03_6 nomi03_7
ノミは内丸くらいですが
刃先を丸めてあるので深まるとして使えます。

nomi03_8
私は、浅丸は刃先を弱く丸め
深まるは強くするようにしてます。