埋木加工

テーブルにひび割れがあったので埋木加工をしました。

ケヤキの輪切りでテーブルを作る際、大きなひび割れがあったので

これ以上ひび割れが広がらないように、かすがいを埋め混みました。

両面に打ち込んだので

これで大きな動きは止まるはずです。敷かし見た目が良くないので

落ち葉型の木を埋めていきます。

接着剤と木くずを混ぜた物を流し込む方が簡単何ですが

見た目を考えて木を埋める事にしました。

落ち葉形だけでヒビやキズを隠すとかなりの数になるので

ある程度は板状の木を埋め込んでヒビを埋めまます。

かすがいを埋めたところは、四角い物を埋めるといかにも

何かを

埋めて修理しました。

みたいになるので、落ち葉を埋めて

あえて模様を付けたように仕上げて行きます。

時々、虫食いのある落ち葉を埋めて変化を付けていくのですが

実際虫食いは形が複雑なので手間が掛かります。

すき間無くピッタリはめ込むには色々な技が有るのですが

このやり方は、私が高校生の頃親父が考えて教えてくれました

高校生の頃、家でアルバイトしていて埋木作業をしていました。

基本的に埋木は、節を隠したりキズを隠すために

入れています。

テーブルにキズを着けてしまった

キズを隠して仕上がりを良くしたいなど

埋木をする事で材料がよみがえります。

1カ所3000円から加工出来ます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました