銅板屋根の鬼

最近多くなっている銅板葺の鬼は木型を作ってその上に銅板を叩いて巻きつけていきます。

普段の彫り物は彫ったものを見ることが出来ますが、これは銅板の下地なので仕上げは、そこそこで良いし木目も関係ありません。

色んな材料を縦横に組むことで強度を上げ材料コストを下げられます。

今回は宮大工さんが木地を作って来たので、彫り加工だけしてます。

チェーンソーで荒落としして、大きめのノミを使い形を整えて、表面はある程度平らになるようにノミで仕上げて行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です