沖野彫刻

木彫の伝統文化を伝える

龍8体完成しました。

龍の木鼻8体  木鼻の龍8体

納期がギリギリになってしまったけど3月22日で龍8体作る事が出来ました。
龍は、欄間などに使う事が多くこのような丸彫りは少ないです。
加工例が少ないため参考資料も少なく,欄間など平面の龍を見ながら想像して彫りました。

工期が少ない中で作る為に、1人では間に合わないので分業の工夫をしたり、口の中を彫るドリルのような物をはじめて使いました。購入したのは10年以上前なので持っていたことも忘れていたけど、ふと思い出して使ったところ凄く使いやすかったです。ドリルの方が切れ味は良いのですが、横や斜めにも穴を空けられます。さらに知り合いの大工さんがふらっと遊びに来てくれて、「マルチツール使ってる?」と言われたのですが、何のことやら??
実物を見せてもらったら、髭を切るのに使いやすそうな工具でした。実際に使ってみると他にも色々使えて彫刻師に向いている工具だと思います。

あぐらをかいて座った状態で龍を彫っているのですが、体が揺れないように腰に力をいれていたようで腰痛に悩まされました。ようやく龍から解放されたのですが、この後は龍の蟇股見た目は欄間のような物です。腰をいたわりながら続けて龍が彫れるので今度はどんな感じに彫ろうか楽しみです。
龍の木鼻下から  龍の木鼻