伽藍彫刻師見習い募集中

彫刻師に向いている人

手先が器用な人
無口な人
地味な作業もコツコツできる人
素直な人
デザインが好きな人

彫刻師に向いていないタイプ

不器用な人
おしゃべりな人
イメージに憧れてる人

必要とされる仕事だから伝えて行きたい

「伽藍彫刻師に限らず、無くなっていく昔ながらの仕事は沢山あると思います。必要とする方がいなくなれば、商売が成り立たなくなり途絶えた職業も沢山有ります。伽藍彫刻師のお客様は、お寺や神社を山車を作る人です。あなたの周りで新築のお寺やお宮を建てていますか?なかなか新築のイメージは無いと思いますが、想像以上にお寺の建てかえはあります。住宅は沢山有るので、頻繁に新築している建物を見る機会がありますが、お寺は地区に1件位しか無いので見る機会がありません。しかし新潟県全体では2800件のお寺があります。100年に一度の大修理もしくは建てかえが必要になると考えても年間28棟の工事が必要です。新築しても彫り物が少ないなど仕事量は確実に減っていますが、それ以上に職人が減っています。この技を習得するために修業が必要です。5年の修行期間で基礎が身につきますが、そこからさらに学びが必要になるため、伽藍彫刻師を目指す人が減っている。そして教える側もお金と手間が掛かるため弟子を育てない、などの問題があります。

早回し彫刻(唐草模様、叩き彫り)

手加工が出来る職人が減っている

肘木の彫刻私が、伽藍彫刻師の道を歩み始めたのは、昭和から平成に変わる年でした。当時はバブル経済の中でとても華やかな時代のように見えました。と言うのも私は修行中のため華やかさを感じる事も無く、仕事を覚えることに必死でした。その後、独立して父親の宮大工を手伝いながら、徐々に彫刻の仕事を請け負うようになってきました。しかし、童顔のためなかなか仕事が広がらず苦労していたのも事実です。まだ、時代のタイミングが合っていないと思い、趣味のシール製作を生かしてシールのネット販売をはじめて、色々なチャレンジをしたお陰で看板部門は大きく成長して、女性が活躍するネットの看板屋「切り文字屋オッケイ(株)」が出来ました。現在は10名のスタッフが楽しそうに働いています。そして、時代が移り変わり同業者が激減している事と手道具が使える大工さんも減った為、彫刻業が年々忙しくなってきています。近所のお寺や神社はどんどん縮小していますが、有名なお寺や神社が無くなることは無いでしょう。時代が大きく変化する中で、変化に対応出来たところが生き残ると思います。加工技術を習得してもらい、経営についても学んで、この仕事を受け継いでいく若者を求めています。

 

【所在地】新潟県燕市新堀2294-3

【募集人数】1名 男女問いません

【勤務時間】8:00〜17:30(休憩90分)
年間休日105日 日曜日・祝日・隔週土曜日

【給与】仕事を覚えてもらうため、研ぎの練習や道具の使い方など、生産生の無い作業をやってもらうため、最低賃金しかお支払い出来ません。令和2年現在、時給830円、その他、社会保険、雇用保険など加入しています。

【電話】0256-97-7507
【FAX】0256-97-7522
【メール】ii@kiruharu.com

当社は、彫刻だけでは有りません、製材しただけの状態からここまでの加工をすべて行っています。寸法通りに正確に加工するカ所と表面をけずり丸くしたり、綺麗な曲線に鉋をかけたりしてから彫刻作業に入ります。

伽藍彫刻師の仕事内容は建物に取り付ける部材の彫刻加工を行う事で、お寺や神社建設の一役を担ってます。当社ではノミ、カンナなどの手道具を中心に様々な道具を使い100年以上残るものを作る技を身に付ける事ができます。

技を身につけるためには、好奇心と地道な作業を淡々と続ける直向きさが必要です。作る事が大好きで、木や造形に興味がある方を求めています。「好きこそ物の上手なれ」と言われますが、好きな事が一番の才能だと思います。やる気のある方、技術を身につけたいという方。そんな方と、共に学びながら長く残るものを作りたいと思っております。

1日のタイムスケジュール

7:00 道具の手入れ、掃除

8:00 ラジオ体操・ミーティング

8:00 作業開始

10:00 休憩

10:15 作業開始

12:00 お昼休憩

13:00 作業開始

15:00 休憩

15:15 作業開始

17:30 掃除・帰宅

仕事は楽しく、そのために

 

小さな材料からクレーンを使って移動させる大きな部材を加工する事があります。

沖野彫刻には、畑スペースと池がありこの池では毎年綺麗なハスの花を咲かせてくれます。

そして、隣ではヤギを6頭飼っていて近所の憩いの場にもなっています。

 

楽しい取り組みとして、ナニコレ珍百景に登録された、すべり台があります。

TOP

どんな仕事なのか気になる。 興味本位で職場を見て見たい

どんな理由でも構いません。とりあえず見てみたい方も下記から問合せ下さい。

問合せ先

TEL 0256-97-7507 FAX 0256-97-7522 メール ii@kiruharu.com

沖野彫刻 https://www.dougu.info/